ランドセルで後悔する子供の本音

年々選択の幅が広がるランドセルですが

来年入学する子供やお孫さんのランドセルはもう決まりましたか?まだ決まっていない人もおそらく夏のうちに選んでおきたいところです。

他の業界同様ランドセル業界にもトレンドは存在しているので本格的にラン活をするにあたってトレンドを抑えておきましょう。

2018年度入学の女の子は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍を始めとしたデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

刺繍などのデザインがないシンプルな場合では本体はブラウン系、ふちはピンクといったワンポイントが違う組み合わせも人気です。

皆さんが来年入学の子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?ほとんどの方が近くのスーパーや百貨店へ行くと思います。

中には、店舗まで行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で購入するのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重量はわかっても実際に背負ってみてフィット感や丈夫さなどがわかりにくいことがあり届いた時に思ったのと違うということがあるからです。

他にも、刺繍や金具のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

最初はスマホやPCで値段を調べる方も多いと思いますが意外と高いということにびっくりするのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供のクラリーノを使ったランドセルの平均価格は45.000円以上になっているようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応サイズが主流になり使う材料が増えていることや色やデザインの種類が年々増えているので開発費がかかるためなどがあるようです。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

最近はリビングで勉強をする子供が増加しているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない箇所を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

そのため、あえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

他には、収納扉にスペースを作ってみたり、現在使っているラックの一段をランドセル用に使う、床に置く場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく皆さんの身近な売り場であるイオンのオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」についてインターネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類や色など、幅広いラインナップから実際にに背負って選べることや6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしては選べる幅が広いので想定していなかった色や形を子供が気に入ってしまうことがあることです。

夏休みが近づき「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活をするにあたって気になるのは値段の相場です。

1番人気の価格帯は4万円台となっており約7割の人が3万円台?5万円台を選んでいます。

世の中には1万円台の製品もあるようですがその理由を見ると6年間使い続けるということを考えると安いものだと気持ちとしては不安に思ってしまいますよね。

実際に販売員をしていた方の言葉を参考にするとやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくい素材を選ぶことが多いようです。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなバッグで行っていましたか?

社会人の方のほとんどがランドセルだったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると2000年代前半くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに現在では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時のアンケートではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら何を重視するかというという実際の感想から聞くアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さが重視ています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、金属パーツが厚いことなどです。

ここ数年、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは孫とみられる子供が祖父母と見られるグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく1度は見に行くと思われるイオンオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について調べてみました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、幅広いラインナップから実際にに背負って選べることや6年間無料の修理保証があるので安心できることです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため想定していなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

ラン活は夏休みまでという話を聞きました。

調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位に出ている工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、仲の良いお友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほとんど色が決まっていましたが最近では色々な色やデザインが登場しています。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系とピンク系が1番人気でしたが赤系はそれに次ぐ3番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

毎年種類の増えているランドセルですが来年入学する子供やお孫さんのランドセルはもう決まりましたか?まだ購入していない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

他の業界同様ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活をするにあたって流行を知っておきましょう。

女の子向けの流行は王冠の刺繍やバラを模した金具などお姫様感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍などのデザインはこのように繊細で上品なものが最近は人気です。

刺繍などの特別なデザインがないシンプルな製品の場合では水色や紫などのパステルカラーが人気なようです。

年々、購入時期のピークが早まっているランドセルですが2019年入学の子供をお持ちの方はすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系ブランドでは生産可能数などの問題から早めに注文されることも多いようです。

これから購入される方向けに最新のトレンドを紹介します。

規格としてはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」からスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けではアクア(水色)やパープルの人気は落ち着き、以前から人気のブラウン系カラーが流行です。

ブラウンや赤系など定番のカラーが人気なようです。