ラン活が本格化する時期になりました

運動が好きな男の子にオススメなのではないでしょうか

この前、来年の卵割に向けてランドセルについて調べていたらアディダスなどのスポーツブランドモデルも存在する時代なんですね。

販売されている製品の情報を調べると学習院モデルではしっかりとした箱型で耐久性が高く造られています。

似ている機能の製品も多く見受けられます。

反射プリントになっているので冬場など暗くなる際に安心です。

ロゴが反射プリントされているので冬の夜や暗い道などで存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目やデザインにこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のデザインはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのカバーやワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

他の人とデザインが被らないようにしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

夏休みも近くなり、ラン活が本格化する時期になりました。

ネット上の調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系など少量生産のブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいと言われたという話も聞きます。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や初売りで安くなっていたり、入学3ヶ月前なら今年の人気カラーランキングや販売員側で売れ筋がわかることもあります。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際に確認しておきたい内容がいくつかあるので売り場へ行く際はメモしておいてください。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無やA4フラットサイズ対応のランドセルが必要なのかです。

次に実際に店頭に行ったときには丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

店頭に行ってから確認したいのは丈夫さや軽さです。

背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にも万が一壊れてしまったときのために修理してくれるかどうかという6年間の保証がついているか確認したいですね。

ここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

小学校への入学時は教科書や学制服など思った以上に費用がかさみます。

その中でもランドセルは色々な価格帯がありますがいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方にアドバイスを聞くと予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が見込めるようです。

実際に売れているのも3?5万円台が多いという発表もあります。

その中でもできるだけ安く購入したいという場合は国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、ただ、購入する際は必ず旧モデルの在庫品なのか、店頭サンプル品なのか確認しましょう。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは祖父母と見られる大人と子供のグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく見に行くことの多いイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選べることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしてはラインナップが幅広く選択肢が多いので親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

皆さんがランドセルを子供に買おうと思ったらどこで買いますか?

近くのスーパーや百貨店へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも大変だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1回は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さや価格はわかっても実際に背負ってみてフィット感や丈夫さなどがわかりにくく6年間の使用に耐えることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍や金具のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、色の細かい違いも売り場の方がわかりやすいです。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など結局いくらかかるの?という印象を持つ人もいます。

その中でもランドセルは価格に幅がありいいものは高くなりがちです。

実際に販売員をやっていた方の見立てによると予算3万円以上にしておくとどれを選んでもある程度高品質な製品が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという調査結果もあります。

その中でもできるだけ安く入手したいという場合は国産ブランドのアウトレットを活用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで使われたものや少し傷がついたものもあれば、ただ、購入する際は必ず旧モデルの在庫品なのか、店頭サンプル品なのか確認しましょう。

みなさんが小学生の時に通学する際のカバンは何を使っていましたか?多くの場合は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきておりランドセルの見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルの汚れ防止にランドセルカバーも人気になってきています。

男女両方で人気のデザインはランドセルのデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのカバーやワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

他の人とデザイン被りしないものが欲しい方はハンドメイドマーケットサービスで探してみても良さそうです。

夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

売り場に行く前にネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年入学児童のクラリーノを使ったランドセルの平均価格は45.000円以上になっているようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料が増えていることや色やデザインの種類が多くなっているので開発費がかかっているためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに迷ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際に確認しておきたい内容がいくつかあるので売り場へ行く際はメモしておいてください。

売り場に行く前の確認事項は入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやサイズはA4クリアファイルが入るもので良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

店頭に行った際の確認事項は丈夫さや軽さです。

店頭に行ってから確認したいのは丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さはランドセル単体の重量ではなく他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという他にも6年間の修理保証がついているとここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

毎年種類の増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう買いましたか?まだ決めていない人の多くはおそらく夏休みのうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう。

女の子向けの最近のトレンドとしては王冠の刺繍などお姫様感があるデザインがダントツで人気なようです。

刺繍などのデザインは繊細で上品なものがここ数年の主流になっているようです。

刺繍などがないシンプルな見た目の場合では本体はブラウン系、ふちはピンクといったワンポイントが違う組み合わせも人気です。