ラン活とは来年入学の子供が通学時に使うランドセルを探して購入することです

暑くなって来て本格的に「ラン活」の時期になって来ましたね。

ラン活とは来年小学校へ入学する子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活時に気になるのは値段の相場という人も多いと思います。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

市場には1万円台?と安価な製品もあるようですが実際に販売員をしていた方の言葉によると3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいのでオススメとのことです。

安いものだとなんとなく不安に思ってしまいますよね。

実際に販売員をしていた方の記事を参考にするとやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいようです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセル展示場に来ている光景が新たな夏の風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったもの」を買うのも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたデザインが小学校高学年になって趣味が変わるということはよくあります。

同じようにそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを重要視している方が多いようです。

皆さんがランドセルをお子さんに買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などで現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さや価格はわかっても実際に背負ってみて軽く感じるかや丈夫さなどがわからずフィット感が悪くて使いにくいことがあるからです。

他にも、刺繍などのデザインや細かいこだわりも確認できます。

また、通販だと選択肢が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供が祖父母と見られるグループがランドセルを一緒に見ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選択できることと6年間の無料保証があるので安心して使用できることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので想定していなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

夏休みはラン活が本格化する時期とも言われています。

調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位に出ている工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを考えている場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、お友達が何色だったとかで同じ色が欲しいなんてこともあります。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や初売りで安くなっていたり、入学3ヶ月前なら今年の人気カラーランキングや販売員側で売れ筋がわかることもあります。

皆さんが小学生の時、通学する際はどんなカバンで行っていましたか?社会人の方のほとんどがランドセルだったと思います。

自分が親になり子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに今では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方に困ったら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、金属パーツが厚いことなどです。

小学生の時しか持てないものといえばランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

実際にベネッセが2016年に行った調査では緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番人気を争い続けています。

また、赤系の中でもトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに迷ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

ラン活を始めるに際して気になるのは値段の相場です。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

市場には1万円台?と安価な製品もあるようですが市場には1万円台の商品もあるようですが6年間使い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら実際に売り場で販売員をしていた方の言葉を参考にするとリメイクして使い続けるということも十分に可能になります。

ここ数年、夏休みの時期になると近所のイオンや百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を子供が気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は4月頃にはラン活をスタートていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られている製品を狙っている場合は早いうちから予約開始日や展示会情報を集めている方が多いようです。

工房系の製品は通販での注文のみになっていることも多くできれば実物を試しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を行っているメーカーもあるので今からでも情報を集めてみてはいかがでしょうか。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?多くの人がランドセルだったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると少し前までは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに現在では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

もし選び方に悩んだら他の多くの方がどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例えば、購入時重視した面ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを買うとしたら何を重視するかというアンケートでは男子・女子ともに丈夫さが1位になっています。

このアンケートからは色はあまり関係ないことがわかりました。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセル展示場に来ている光景がもはや夏の風物詩になってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が最も重要視していた色やデザインは「本人が気に入ったもの」でも良いですが年長さんの時に「かわいい」と思っていたのが小学校高学年になってもお気に入りのままかはわかりません。

同じように幼稚園年長の時に人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

年々バリエーションの増えているランドセルですが来年入学する子供やお孫さんのランドセルはもう決まりましたか?まだ購入していない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ファッション業界のようにランドセル業界にもトレンドは存在しておりラン活をするにあたって流行を知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが非常に人気だったようです。

刺繍などのデザインはこのように繊細で上品なものが最近は人気です。

刺繍などのデザインがないシンプルな場合ではブラウン系やピンクに近い赤系のカラーが人気です。