ランドセルは最初はインターネットで値段をチェックする方も多いと思いますが

最近の夏は来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し

いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

意外と価格が高いということに驚くのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供のクラリーノを使ったランドセルの平均価格は45.000円以上になっているようです。

なぜ平均価格が高くなるかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料が増えていることや色やデザインの種類が年々増えているので開発費がかかるためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに迷ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子はほぼ選択肢がなかったですが最近では色々な色やデザインが登場しています。

では、もう黒と赤は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系はそれに次ぐ3番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

初体験のことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものを選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について比較してみましたので参考にしてください。

まず、ランドセルメーカーは大まかに3タイプに分類できます。

製造から販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの製品の質はまず間違いないです。

次にリスクが低いのは販売のみ行う企業です。

別業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランド側で厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを基準に選んで後悔した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

初めてラン活をする際はわからないことだらけでレビューが良いものを探すと思います。

ただ、実際に売り場で見ると生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、実際にどう作られているかの情報と言われています。

また、口コミを参考にしようとしてもメーカーは数十社もあり、何を選べば良いか逆に迷ってしまうという話も聞きます。

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは品質が安定して高いです。

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?黒か赤のランドセルという方は多かったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきておりランドセルの見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、せっかくのお気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーが売れてきています。

男女両方で人気のデザインはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのカバーやワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

他の人とデザイン被りしないものが欲しい方はハンドメイドマーケットサービスで探してみても良さそうです。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かける機会が増えると思います。

その際に必ず確認したいことがいくつかあるので覚えておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無やA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

サイズの指定はあるのかどうかということです。

店頭に行ってから確認したいのは丈夫さや軽さです。

背負った時の体感重量のことを言います。

他にも万が一壊れてしまったときのために修理してくれるかどうかという6年間の保証がついていると安心できますね。

万が一壊れてしまったときに修理してくれるので安心できますね。

自分が親になり子供が小学校へ入学するからと

一時期、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する活動がありましたね。

寄付する気持ちとは素晴らしいものですがその後、贈られた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話もあるように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象の発端となった人も少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と言っており子供達の支援が広がるきっかけになればいいなというところが本当の思いだったようです。

皆さんも寄付する際は贈る対象が本当に本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?ほとんどの人がランドセルだったと思います。
ラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあって何を基準に選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の家庭ではどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例としては購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを買うとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、といったことなどです。

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?ほとんどの方が黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルの汚れ防止にランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のカバーはデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、男子の場合は黒ベースのものが人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが2019年に小学校入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわったランドセルは受注生産体制のため早めに注文される方も多いようです。

まだ購入されていない方向けに最新のトレンドを紹介します。

今年のランドセルは基本的にはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは「スポーティで元気!」というイメージのものから「上品で知的」な方向へ変わっているようです。

女子向けでは光沢の強いパール調素材の流行が落ち着きブラウンや赤系など定番のカラーが人気なようです。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際に必ず確認したいことがいくつかあるので覚えておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやサイズの指定はあるのかどうかということです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなくここでいう軽さはランドセル単体の重量ではなく他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の保証がついていると安心できますね。

ここまで色々書きましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

子供が小学校を卒業した後に悩むのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

捨ててしまう、人にあげるという人も依然多いですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として製造されているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているけどそのままでは使えず、かと言ってそのままでは使えないので押入れに入れるとしても邪魔になってしまいます。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。