ラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは祖父母と一緒に子供連れの家族がランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく皆さんの身近なイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、幅広いラインナップから試して選べることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため想定していなかった予算のものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

子供が小学校を卒業した後に悩むのが使用しなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですが財布やパスケースにリメイクすることがここ数年、人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として製造されているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、捨てられず押入れに入れてままにするよりも、かと言ってそのままでは使えないので押入れに入れるとしても邪魔になってしまいます。

例えば、進学した際に定期券を使う場合はパスケースに仕立てるなど形を変えて使えることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが設置されているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を見て気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数限定なため工房系の製品を狙っている場合は早いうちから予約開始日や展示会情報を集めている方が多いようです。

工房系の製品は店頭販売せず通販限定になっていることも多くできれば実物がどうなっているか見ておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を開いているメーカーもあるので今からでも情報を調べてみてはいかがでしょうか。

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる時期になりました。

ネット上の調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位に出ている工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早めに情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に子供が心変わりすることがあります。

例えば、仲の良いお友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングや10、11月頃です。

なぜかというと年末の決算で安くなっていたり、入学まで3ヶ月くらいの時期ならそこまで急激に体型も変わることもないので体に合ったものが選びやすいからです。

毎年種類の増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう決まりましたか?まだ決まっていない人もおそらく夏のうちに選んでおきたいところです。

ランドセル業界にも流行は存在しているのでラン活をするにあたって流行を知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが特に人気だったようです。

刺繍などのデザインは繊細で上品なものがここ数年の主流になっているようです。

刺繍などの特別なデザインがないシンプルな製品の場合では本体はブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに出かける機会があると思います。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無やA4フラットサイズ対応のランドセルが必要なのかです。

サイズの指定はあるのかどうかということです。

店頭に行ってから確認したいのは丈夫さや軽さです。

背負った時の体感重量が軽いかということを言います。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の保証がついていると安心できますね。

ここまで色々書きましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

他の業界同様ランドセル業界にもトレンドは存在しているので

年々種類の増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう購入しましたか?まだ決まっていない人もおそらく夏のうちに選んでおきたいところです。

女の子向けのトレンドでは王冠の刺繍やバラ柄の金具などプリンセス感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍を始めとしたデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

刺繍などがないシンプルなデザインの場合では本体はブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

ここ数年で祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が新たな夏の風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったもの」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるのは大いに考えられます。

同じように当時人気のキャラものにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるオーソドックスな黒赤、ブラウンといった色を選ぶ方が多いようです。

ここ数年、夏休みになると近所のイオンなどで見かける光景があります。

それは祖父母と見られる大人と子供のグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく皆さんの身近な売り場であるイオンのオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について調査しました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選択できることと6年間の無料保証があるので安心して使用できることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

年々、購入時期の早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに予約・購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれる人気のランドセルは受注生産体制のため早めに注文される方も多いようです。

これから購入される方向けに最新のトレンドを紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどの光沢のあるメタリックカラーから「上品で知的」な方向へ変わっているようです。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」からブラウンや赤系など定番のカラーが人気なようです。

夏休みも近くなり、ラン活が本格化する時期になりました。

調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを検討している場合は早いうちから情報を集めるなど動いておかなければいけません。

ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

例えば、仲の良いお友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングや10、11月頃です。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、今年の人気カラーランキングや販売員側で売れ筋がわかることもあります。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考にして決めた結果、後悔した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

ラン活を初めて行う際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際にランドセル売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造元などの情報を知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようとしてもメーカーは数十社もあり、何を選べば良いか逆に迷ってしまうという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては最初にメーカーを1、2社選んでしまうことです。

1、2社なら情報を集めるのも比較的楽なはずです。