ブライダルローンは審査が甘いアコムがおすすめ?申し込みの方法は?

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員の人や、楽天銀行に口座が持っている人ならば簡単に手続きができます。

返済額は月々1万円からOKです。

楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

つまり、ブライダルローンを申請した段階で、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

申込には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になり融資実行後は領収書や振込控の写しなど支払が確認できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

ブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンで一般的なカードローンと比較すると低金利で融資を受けることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンには無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する資金を無利息で借りたい場合は無利息期間が用意されているカードローンでの借り入れがおすすめです。

消費者金融のカードローンであれば、初回利用者は約30日の無利息期間が設けられていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

消費者金融のカードローンは金利が高いと言われていますが無利息期間内に完済できるものであれば、どれだけ金利が高くても関係ありません。

アコムにはブライダルローンという商品はありませんがアコム多目的ローンというローンがあります。

最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というもので多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%で、さらに低金利である変動金利にすることもできます。

また、アコムで証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していた人は年0.1%の金利引き下げサービスも享受できます。

申込が可能な人は借り入れ時の年齢が満20歳以上、満66歳未満であること、勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上で前年度税込年収(個人事業主の場合は申告所得)が200万円以上となっています。

金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので収入や勤続年数などの条件は特にないようです。

借入金額が50万円以下だと、返済期間は最長48か月となります。

ローン申込書や本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になるほかブライダルプランでの借り入れを含めてオリコでの借入れ額の合計が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要になります。

又、オリコ以外にも他の貸金業者からの借金総額が100万円を超える場合もブライダルローンの返済方法をどのようにするべきか頭を抱えている人も多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し100人を招待することが可能であればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの人たちは一括返済が叶わなかったということですから、ご祝儀をあてにしすぎるのは良くありません。

ブライダルローンは結婚関連の出費のみ利用可能という制限がありますが結婚式のほかにも新婚旅行や新居の購入費なども用途が認められています。

新居を購入する場合大半のお方は住宅ローンを組むと思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

一般的に住宅ローンを組む際の頭金は多いほど良いとされていますが物件価格の2割から3割あるのが理想的です。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでとてもじゃありませんが、一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで融資を受けたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利でローンを組むことができるのです。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

消費者金融が提供しているブライダルローンはというと、式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面から判断すると銀行のブライダルローンのほうが有利に思えますが、クレジット会社の中にも銀行同様に低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

ブライダルローンもカードローンも同じ金融商品となりますので審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンというものは、低金利で数百万ものお金を融資してくれるわけですからカードローンよりも厳しい審査となります。名野で審査の甘いアコムでブライダルローンを借りることをおすすめするのです。

参考:ブライダルローンはアコムがおすすめ?【無利息で借りる条件?】

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴を紹介すると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満、非正規雇用などがあげられます。

また、過去に滞納履歴や自己破産歴があったり、複数の金融業者から借り入れがある人は要注意です。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴だといくらぐらいが相場なのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますが約250万円から350万円程度のようです。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更におめでたが重なると出産費用や赤ちゃんをお迎えする準備などにもお金がかかってきますからプラス2、30万円はかかることを見積もってローンを組む必要があります。

ブライダル資金と言うと結婚式や結婚指輪など100万円単位の大金が必要になってきます。

結婚式以外にも新婚旅行や引っ越し費用などそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそれらの多額の資金を低金利で貸し出すのですから通常のカードローンよりも審査のハードルはかなり高く厳しいものになります。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は必要ありませんが審査結果によっては保証人を求められる場合があります。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが融資を受けることには変わりませんので、事前にシミュレーションをすることがとても大切です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金が300万円でボーナス払いは無し、金利は7.0%、毎月4万円という感じで計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

そうなると、ご祝儀目当てで100万円のローンを組めばいいと考えがちですが必ずしも赤字が100万におさまるとは限りませんのでご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務証明書が必須というところもあるようです。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場や新婚旅行の旅行会社、新居の不動産屋の請求書や見積書も必要となってきます。

既に支払い済みの場合はローン対象外になることがありますのでご注意ください。

ブライダルローンを利用して支払った出費に関しては領収書や振込控えのコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することになります。

銀行のブライダルローンは目的別ローンとされていることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道をブライダル関連に限定することで普通のカードローンよりも低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使途が自由なフリーローンとなっています。

消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%でブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対しカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングと言う意味では同じかもしれませんが二つには大きな違いがいくつもあります。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

手続きや審査に関してはブライダルローンは審査が複雑で通りにくいのに対しカードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。