NISA口座のキャンペーンが一番お得なのはどこ?キャッシュバックとは?

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAが始められるのは2023年までです。

これははじめから決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーができていましたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いで...ということでなければ、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、支払うコストが低くなるということですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAと積立NISAの違いは、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAではキャンペーンと投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

引用:http://www.kabuho.net/nisa%E5%8F%A3%E5%BA%A7%E9%96%8B%E8%A8%AD%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3.html

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAには5年間という非課税期間の期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

日本で始まったのは2014年で、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとつの口座のみを持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

最長で5年間という制限があり、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAでの投資信託は初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。