レイクアルサの審査は即日でできる?

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですが審査時間の短さは伊達ではありません。

堅実で審査にかかる時間が長いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査能力に関してはレイクALSAの方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資をメインとするレイクALSAの方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

レイクALSAのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

人気が高い金融機関の理由は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、レイクALSAの提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、レイクALSAのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、レイクALSAの方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、レイクALSAのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

レイクALSAのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

レイクALSAのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので審査時間が短く利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で利益を獲得しています。

通常は銀行の金利の方が低く、レイクALSAの金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので一概にレイクALSAのほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

レイクALSAのメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

参考:レイクアルサ審査は即日で出来る?

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

一般的にレイクALSAのキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高いと言われています。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

レイクALSAの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

レイクALSAのメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界について審査時間の長さや労働条件をみていくことにしましょう。

まずは審査時間の長さを紹介します。

主な審査時間の長さは債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。