災害時必要なレスキューネット非常食ランキングとは?

あなたは、「ゲリラ豪雨(ゲリラごうう)」と言うのを知っていますか?最近、この言葉をよく聞きますよね。
台風接近した時、大雨が降るのとは、違うものなのでしょうかね!?『ゲリラ豪雨』しかし、この雨は、1時間程度しか続かないと言う特徴もあります。
その通過で大雨になる従来の「集中豪雨」とは明らかにタイプが異なります。
そんな雨の降り方と言えます。
■都市の下水では、一般的に最大降水量として1時間に50mm-60mm程度を想定して作られています。
ですから、「ゲリラ豪雨」の様に、1時間あたり100mmを超える猛烈な雨量では短時間でも処理しきれないようですね。
そんなことで都市型洪水を発生させてしまいます。
(汗)このような豪雨が発生する原因として考えられていることがあります。
それは、「ヒートアイランド現象」です。
ゲリラ豪雨は、極めて予測が困難です。
そして、突発的に局地的な豪雨をもたらしますよね。
その為に、「記録的短時間大雨情報」と言う気象情報が発表されます。
これは、大雨警報、大雨注意報と同じように雨による災害がおこる危険性があります。
そのよな警戒をよびかけるものとなっています。
また、この時にも、「記録的短時間大雨情報」は発表されます。
(以下参照)大雨警報の発表後、特に警戒しなければならない状況が生じた時ですね。
これは、今出ている大雨警報より、もっと警戒して欲しい時に発表されます。
大雨注意報もいつ警報に切り替わるかわかりません。